実際に歌ってみよう


いろいろとトレーニングを行ったら、いよいよ実際に声に出して歌ってみましょう。
歌う場合は、喉から声を出すのではなくお腹から声を出すようにしますが、これはお腹に力を入れて歌うということではありません。

お腹に力を入れてしまうと、筋肉が緊張してしまってうまく声を出すことはできません。
歌う場合は、余計な力を入れずに身体をリラックスさせましょう。
体勢や発声に注意しながら歌うわけですが、自分がどんなに上手に歌えていると思っていても、それが第三者が聞いて本当に上手かどうかはわかりません。
自分の声というのは、口から発している声が聞こえるのと同時に内耳を伝わって身体の内側からも聞こえてきますので、自分では本当の声はわからないのです。

そのため歌を上達させたければ、まずは自分の歌を録音して聞いてみましょう。
どこが悪いかをチェックして、次はその点に注意して歌ってみます。
またそれを録音してチェックするというように繰り返し練習を行うようにするといいでしょう。

This entry was posted in ボイストレーニングをする. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります